債務整理をしても携帯電話を使えるようにするための注意点

債務整理をしたら携帯電話が使えなくなるのではと心配する方もいらっしゃいます。

実際、iPhoneやアンドロイドなど、携帯やスマートフォンのない生活なんて考えられないですよね!

もちろん、条件によっては携帯電話が使えなくなることもあります

しかし、キチンと条件を満たしていけば、債務整理後も携帯電話を使うことは十分可能です。

ここではその際の注意点について解説をしていきます。

また、より詳しい内容や具体的に借金を減らす方法を知りたい方は、法律の専門家に直接聞いてしまって下さい。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

任意整理後の携帯電話

債務整理の中でもいくつかの種類があり、どの方法を選択するかによって、携帯電話が使えるかどうかの判断基準も異なってきます。

その中でも、任意整理は、整理する借金や負債の債権者を選べるというメリットがあります。

ですから、そこで携帯電話の滞納分を整理する対象から外せば、携帯電話は使い続けることが可能です。

もちろん、任意整理後に月々の負担が軽くなる分、携帯電話料金の滞納があれば、しっかり払うようにしましょう。

任意整理後に新規契約をする場合の注意点

ただ、任意整理をした後に、「ガラケーからスマホに切り替えたい!」とか、「NTTドコモだったけれども、ソフトバンクに乗り換えよう」という話になって、新規契約をする場合は注意が必要です。

実際、任意整理後も、携帯電話の新規契約を行なうこと自体は可能です。

任意整理をすると銀行や消費者金融が加盟している信用情報機関に事故情報が登録されてしまうので、新たな借入は出来なくなります。

しかし、携帯電話の契約を行う際、契約先は、携帯電話会社となりますが、携帯電話のキャリアは、信用情報機関のネットワークとは関係がありません。

ですから、あなたが、携帯電話料金を滞納していない限り、問題なく契約を行なうことが出来るのです。

ただ、機種代金を分割払いにしたり、ローンで支払ったりしようとすると、その場合は、信用情報機関を参照することになり、NGとなる場合があるので注意が必要です。

実際は、いったん、機種代金を全額支払って、その後、月々の支払いで、割引料金が適用されるケースが多いようです。

自己破産の場合も要注意

また、同じ債務整理の中でも自己破産をすることになった場合、携帯電話会社に滞納があれば、自動的に債務の対象となってしまいます。

その場合、自己破産後に、携帯電話が使えなくなったり、新規で契約をするのが難しくなったりする場合があるので注意が必要です。

携帯電話が債務整理の対象にならないようご注意

携帯電話料金の滞納分が債務整理の対象になってしまうと、その後、いろいろ不便なことも多いです。

携帯電話料金は、他の種類の借金に比べて、それほど高くないケースが多いので、滞納しないようきちんと払うようにしましょう。

それでも債務整理後に携帯電話が使えなくなるのではと、いろいろご心配な方は、弁護士や司法書士に無料相談することも可能ですので、気軽に聞いてみて下さい。

コメントは受け付けていません。