借金返済分は必要経費として計上できる?利息と元本での違い

借金返済分を必要経費として確定申告の際に計上できるのか、自営業や個人事業主の方から質問を受けることがあります。

ただ、残念ながら借金の返済分で、必要経費として計上できるのは利息分のみとなります。

元本分は、いくら返済しても経費としてはカウントしてもらえないため、税金対策をしたい方にとっては、苦ししいところですよね。

仮に、借金返済が難しくて、債務整理を行なうとした場合も、事業主の方は、借金の金額も大きく、資産もいろいろ抱えているので話が複雑になってしまいがちです。

そのような場合は、法律の専門家に何度でも無料相談が出来るサービスを利用しながら、自分にあった適切な方法を見つけるのが良いでしょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

借金返済と必要経費について

私に相談された方の中で、脱サラして起業し、フランチャイズを始めたけれども、うまくいかず借金を返すのに精一杯という方がいらっしゃいました。

確定申告で、経費を計上しようとした際、借金返済分を必要経費に出来ないかと相談をされたのです。

所得税は、青色申告でも白色申告でも控除額に違いはあるものの、所得金額から必要経費を差し引いた分に課税されるようになります。

ですから、節税対策のためにも、借金返済をした分、すべてを必要経費としていきたいものですよね。

ただ、必要経費に出来るのは利息分のみです。

利息分は資金調達を行なうために掛かった経費としてカウントされるからです。

しかし、元本は借りたものを返す(負債の減少)と認識されるだけなので、必要経費としては計上出来ないようになっています。

借金問題を根本的に解決

起業をして独立をしても、必ずうまくいくとは限りません。

サラリーマン感覚でビジネスをやってしまう方も多い為、途中で挫折してしまう方も残念ながら多いのが実情です。

また、事業に失敗をした際、その失敗分を取り戻そうと、別のところから借りたりして、さらに負債が大きくなってしまうケースもあります。

結局、その方も、借金返済分は必要経費として計上出来ないことに、ちょっと失望した後、このまま借金を増やしながら事業を続けるのは良くないと判断して、債務整理をすることなりました。

途中で諦めてしまっては、負け癖が付くと考えてしまうかもしれませんが、失敗は成功の母とも言いますし、要はそこから何かを学び、次のステップにつなげていけばいいのではないでしょうか。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

債務整理は、人生のリスタートをしていくには最適の手続きとなりますので、気軽に法律の専門家に相談をしてみて下さい。

コメントは受け付けていません。