借金返済 借金苦 ローン

借金返済が難しくなる原因は、いろいろとありますが、その中でもローン返済が難しくなるケースはよく見うけられます。

月々のローンの返済額は、多くても三分の一、出来れば四分の一ぐらいに収めるのが、無理なく返済をしていくための目安となっていきますが、それを超えると悪循環にハマってしまう可能性が高くなります。

住宅ローンや車のローンなどは、対応を間違ってしまうと、貴重な財産を失ってしまうことになりかねません。

しかし、法律の専門家に相談をすることによって、家や自動車を守りながら、借金苦から脱出している方はたくさんいらっしゃいます。

【無料相談】マイホームを守りながら借金問題を解決する方法を聞いてみる

ローンを払えない場合は?

私が働いていた弁護士事務所にある時、住宅のローン返済がきついという方が相談に来られました。

その方は、一時期、失業していたことがあり、その時、ローン返済までのお金を作れないので、埋め合わせをするために、消費者金融などからお金を借りる中で債務が膨らんでしまってしまったとのことでした。

ローン返済が遅れてしまうと、自動車であったら取り上げられたり、マンションなどであれば競売に掛けられたりと、最悪のシナリオが待っています。

実際、ローン返済で支払いがギリギリだと、ただでさえ、生活が苦しいのに、失業したり、うつ病などの病気になってしまったり、不測の事態に陥ってしまうと、一気にバランスが崩れて苦境に陥ってしまいます。

一度、そういった借金のサイクルに入ってしまうと借金苦から脱出するのは、非常に困難になってきます。

ローンはどう処理する?

ローン返済が難しくなった場合は、二つの選択肢があります。

一つ目はローン自体を債務整理して、住宅は任意売却などをしてしまうという方法です。

ただ、せっかく手に入れたマイホームやマンションを失ってしまうのは身を切られるよりも辛いという方もいらっしゃるかと思います。

そんな方には、ローンを守りながら、借金を整理するもう一つの方法をお勧めいたします。

その時、相談をされた方も、住宅は手離しくたくないということで、任意整理を通じて、住宅ローン以外の借金を整理して月々の返済額を半分にすることによって、住宅を守りつつ、借金苦からも逃れることに成功をしました。

任意整理という手続きを知らない人は、ローンの返済のため、借金苦で苦しい状態になっても、我慢し続けてしまうケースが多いのですが、法律の手続きを通せば、良い解決策を見つけることが出来ますので、気軽に相談をしてみてください。

コメントは受け付けていません。