借金返済で裁判所から通知が来る前にやるべきこと

借金返済が滞ってくると、心のタガが外れて、支払催促が来ても完全無視をするしかない状況に追い込まれる方がいらっしゃいます。

借金を返さない状態が3ヵ月~半年続くと、悪質だと判断され、消費者金融などの債権者は簡易裁判所に依頼して、支払い催促申立書が送られるようになってきます。

さらにそれを無視していると法的措置が取られ、異議申立てを行なわれなければ仮執行宣言付き支払催促申立書が出され、債権者は債権名義を得るので、給与や財産などの差し押さえが行なわてしまう可能性が高くなります。

そこから何か対処をしようとしても選択肢が限られてしまいますので、そうなる前に早めに法律の専門家に相談をするようにして下さい。

【無料相談】借金をどれくらい減らせるか相談をしてみる

裁判所から呼び出しが来る前に

裁判所から呼び出しが来てしまった場合、異議申立てをして訴訟という形になっても一括請求されたりするなどして大変ですし、無視をしても、強制執行の対象となってしまうので、どちらに話が進んでも厳しいことには変わりがありません。

消費者金融などの利息が高すぎて、借金の返済に困った場合、いろいろな選択肢がありますが、一番良くないのは、やはり借金を放置するということです。

借金を放置することは、ガンや虫歯を放置していることと同じで、対処が遅れれば遅れるほど、状況は悪化してしまいます。

例えば、借金の場合では、裁判所から仮執行宣言が出されてから債務整理をしようとしても、任意整理という一番楽な手続きは難しくなり、個人再生や自己破産などの選択を取らざるを得なくなってきてしまいます

早期発見早期治療というのは借金の世界でも十分当てはまる公式なのです。

裁判所を通さずに借金問題を解決

借金問題は、裁判所が絡んでしまうと、何かと手続きが複雑になってしまいます。

その点、弁護士や司法書士を通じて、任意整理を行なえば、裁判所を通さずに借金の整理が出来るため、たくさんの方が、この手続きを利用されています

任意整理についてはよく分からないという方は、無料で法律の専門家にいろいろ質問できるサービスがありますので、自分に合ったやり方で借金返済のシミュレーションを立てて行って下さい。

コメントは受け付けていません。