債務整理と自己破産の違いは?

借金の返済が苦しくなった時、借金を整理する方法として真っ先に頭に思い浮かぶのは、自己破産という方は多いですよね。

ただ、その一方で債務整理という手続きもあり、違いがよく分からないという質問をよく受けることがあります。

簡単に言えば、自己破産は債務整理の手続きの中の一つです。

債務の額が多すぎたり、病気や失業などで収入が極端に少なかったり、なかったりする場合は、自己破産ということになります。

ただ、借金や収入の状態によっては、同じ債務整理の中でも任意整理や個人再生などの手続きで解決することも可能です。

具体的にどの手続きが良いかは、弁護士や司法書士に相談をしながら進めていかれるのが良いので、無料サービスを一度利用してみて下さい。

【無料・匿名相談可能】法律の専門家に債務整理のどの手続きが良いか聞いてみる

自己破産のメリット・デメリット

私が働いていた弁護士事務所に借金が300万円を超え、自己破産を覚悟して来られた方いらっしゃったのですが、その方には、以下の3つの問題を抱えていました。

  • 住宅ローンが残っていて、今、住んでいるマンションは出来れば手離したくなかった
  • 連帯保証人がいる借金があり、迷惑はかけたくなかった
  • 警備員の仕事に就いていた

自己破産の一番のメリットは、何といっても破産の申し立てをした後、免責を受けることが出来れば、借金がすべてチャラになるという点です。

ただ、その分、デメリットも他の債務整理の手続きに比べると多くなってしまいます。

まず自己破産をする場合は、債権者平等の観点から、すべての債務を対象としなければいけません。

ですから、住宅ローンや連帯保証人がいる借金だけは除外したいと言っても出来ないのです。

その場合、個人再生という形であれば、住宅ローンを残したまま、残りの債務を整理(基本的には債務を約5分の1に圧縮)することが可能です。

しかしそれでも、個人再生は、住宅ローン以外の借金はすべて整理しなければならず、いずれにせよ保証人には多大な迷惑が掛かってしまいます。

その場合は、任意整理という対象とする債務を選択できる手続きでどうかと一度検討をしてみる必要があります。

任意整理を自己破産と比べた場合のメリット

その時、相談に来られた方は、消費者金融から長年の借入を続けていたので、貸金業者から、取引履歴を取り寄せ、利息制限法に基づいて、計算をしたところ、過払い金がかなり発生していることが分り、借金をかなり減額することが出来ました。

任意整理では、さらに将来利息をカットできるため、月々の返済額を確実に減らせるというメリットがあります。

また自己破産の場合は、免責を受けるまで、警備員など一部の職業や資格は制限を受けますが、任意整理であれば、そのような制限を受けることはありません。

自己破産の特徴のまとめ

自己破産のデメリットは他にも以下のようなデメリットがあります。

●官報に載ってしまう
→任意整理では載りません。

●信用情報機関に事故情報が10年間載ってしまう(ブラックリストに載る)
→債務整理をすれば、いずれにせよ載りますが自己破産の場合が最長です。

●換価した価値が20万円以上の財産、99万円以上の現金は手放す必要がある
→個人再生では残債を超える財産を手放すようになります。

自己破産は、借金をチャラに出来るので、その分ではメリットが大きいですが、上記のようなデメリットもあるので、実際にどうするかは慎重に検討をしていく必要があります。

債務整理は、その人にあった手続きを選んでこそ、大きなメリットを受けることが出来ますので、法律の専門家と無料相談をじっくり行ないながら、最適の解決法を見つけるようにして下さい。

コメントは受け付けていません。