任意整理か個人再生か?

債務整理の相談を受けていると、自己破産は出来るだけ避けたいという方は多いです。

その場合は、任意整理か個人再生のどちらかを選択するということになります。

どちらも借金を減らした後、残債分を、3年~5年にかけて返済するという点では同じですが、任意整理よりも個人再生の方が借金をより多く減らせる代わりにデメリットも大きいという特徴があります。

場合によっては、任意整理から個人再生に切り替えるという方法もありますが、そのような手続きの流れをスムーズに進めるためにも、こういったサービスを利用して、事前に法律の専門家に相談し、借金がいくら減るのがシミュレーションをするとより方向性が分かりやすくなります。

【無料相談】借金がどれくらい減るか調べてもらう

任意整理と個人再生の違いは?

任意整理の場合、借入期間が短かったり、利息制限法に基づいた金利で借り入れを行なったりしていた場合は、それほど借金が減額されません。

しかし、個人再生の場合は、借入期間に関係なく、債務が約5分の1になります。(債務が3000万円を越えると10分の1にまでカットすることも可能です)

それだけ見ると、個人再生の方がメリットが大きい気がしますが、個人再生は、借金は減る分、それ以外のデメリットが大きいです。

個人再生では、任意整理と違って、裁判所を通じた手続きとなるため、必要な書類は増えますし、かなり複雑になります。

個人でやろうとすると、失敗するケースもあるので、気を付けなければなりません。

また、整理する債権の対象を選べる任意整理と違いは、個人再生で整理する債務の対象から外せるのは、住宅ローンのみで、それ以外に自動車のローンや保証人のある債権があっても整理対象から外すことは出来ません

あとは、官報という政府の機関紙に個人情報が載ってしまうというデメリットもあります。

任意整理から個人再生の切り替えについて

そのようなデメリットを考えるのあれば、まずは、任意整理で借金問題を解決できる見込みや可能性はないかを見極め、それで問題なければ、任意整理、難しければ個人再生に切り替えていくという方法もあります。

簡単な判断のポイントをお伝えすると、まず借金がどれくらい減るのかを計算し、残債を、36回(3年間)や60回(5年間)で割ってみます

それが月々の返済となりますが、その金額を現在の収入である程度の余裕を持って返済が出来るかが一つの判断基準になります。

【無料相談】借金がどれくらい減るか調べてもらう

肝心の借金がどれくらい減るのかという点についても、無料で調べられる方法がありますので、是非、活用して参考にしてみて下さい。

コメントは受け付けていません。