自己破産は保証人に迷惑が掛かるから躊躇する人はこの方法で

自己破産をすると保証人や連帯保証人も含め、いろいろな人たちに迷惑が掛かってしまうので、借金の返済が行き詰っても躊躇してしまう方もいらっしゃいます。

自己破産をする場合は、債権者平等という観点から、すべての債務を対象にして整理をしていくことが義務となっているからです。

あなたがお金を借りる時に、あなたを信頼して保証人や連帯保証人になってくれた人に対してだけは迷惑を掛けたくないと思ったとしましょう。

しかし、「この債務だけは、ちゃんと自分で返済します」と言ったら、他の債権者からブーブー文句が出るようになります。

ここら辺は、問答無用の世界があるので、自己破産のデメリットの一つとなっています。

ただ、もし、どうしても保証人に迷惑を掛けずに、借金問題を解決したい場合は、条件によって可能なケースもあるので、一度、法律の専門家に相談してみることをオススメいたします。

保証人に迷惑をかけない借金問題の解決法について相談してみる

自己破産だと保証人へは一括返済

私が働いていた弁護士事務所に相談に来た方でも、自己破産をしたいけれども、奨学金や住宅ローンの返済が残っているので困っているという方がいらっしゃいました。

奨学金の場合、基本的には、親などの身内が保証人となりますが、その方は父親が保証人になっていました。

そして住宅ローンも、配偶者である奥さんが連帯保証人になっていたのです。

通常、借金の返済義務を家族が負うことはないのですが、保証人や連帯保証人になっている場合は、話が違って来ます。

主たる債務者が自己破産をすると保証人や連帯保証人に借金の請求がただ来るだけでなく、基本的に一括返済を求められてしまいます

そうなってしまうと、家族や親戚が芋づる式で、総倒れになってしまうリスクがあります。

自己破産の保証人トラブルを避けるために

自己破産では保証人に迷惑が掛かってしまう場合、一度、任意整理で借金問題が解決できないか検討してみるという方法があります。

その方の債務を確認してみたところ、長期に渡って借り入れを続けていた関係もあり、多額の過払い金が発生していることが分かったため、任意整理の手続きで済ませることが出来ました。

任意整理は、債務の対象を選ぶことが出来るので、保証人のいる債権を整理の対象から外すことが出来ます

さらに任意整理の手続きは、裁判所を通さないので、家族や親せきに内緒でこっそりと行なうことも可能です。

その方は、自己破産をすれば、保証人になっている家族から大ヒンシュクを買ってしまうところでした。

しかし、任意整理を選択することによって、迷惑を掛けないどころか、債務整理をしたことさえ、誰にも知らせずに済ませることが出来たので、まさに九死に一生を得た心境だと話していらっしゃいました。

保証人に迷惑をかけない借金問題の解決法について相談してみる

自己破産をすると保証人に迷惑が掛かってしまうから遠慮してしまう人も多いですが、迷惑を掛けずに出来る手続きもありますので、気軽に弁護士や司法書士など法律の専門家に相談するようにして下さい。

コメントは受け付けていません。