任意整理をしたら何年間ブラック?

任意整理をしたら、ブラックリストに載ってしまって、一生、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることが出来なくなってしまうのではないかと心配する人います。

もちろん、任意整理をすれば、一時的にブラックの状態になってしまいますが、その期間は、基本的に5年間です。

その間は、不便さを感じるかもしれませんが、その代わり、月々の返済額が減るので、新たな借金をする必要性もなくなり、あまり気にしない人もいます。

そこら辺は判断が難しいところかもしれませんが、実際は、借金の返済額がどれくらい減るかということがポイントになってきますので、このようなサイトで借金返済のシミュレーションを立て、任意整理をするかどうか判断をされている方が多いです。

無料で借金がどれくれい減るかを調べてみる

任意整理をしてもブラックにならない?

時々、任意整理をしても、ブラックにならないのではという意見をインターネットで見かけたりしますが、残念ながら、そんなことはありません。

ただ、一つ例外があって、それは任意整理を開始した後に、貸金業者から取引履歴を取り寄せ、引き直し計算を行なった結果、過払い金(払いすぎた利息)がたくさん発生して、残債の金額を上回って、お金が戻ってくる時です。

もちろん、任意整理をした段階で、いったん、事故情報は登録されてしまいますが、その後、過払い金の返還請求に切り替わった場合は、すぐに事故情報が消えて、ブラックではなくなります。

もしかしたら、そういう状態を指して、任意整理をしてもブラックにならないと言っているのかもしれません。

ブラックの期間と過ごし方

ただ、基本的には、任意整理をした場合、信用情報機関に事故情報が5年間登録され、ブラックの状態になってしまいます。

任意整理の場合は、将来利息をカットして、借金の返済総額を減らした後、基本的に3年間で完済していくプランで和解していくようになりますが、仮に3年で完済したとしても、あと2年間は、ブラックの状態から逃れられないということになります。

別に、事故情報がなくなったからといって、信用機関から親切に通知が来るわけではありませんので、早くブラックでなくなったことを確認したい場合は、5年間経った頃を見計らって、信用情報機関に開示請求を出して、個人情報を確認するようにしていきましょう。

ブラックに載ってしまうとキツイかもしれませんが、例えば、月々の返済額が10万円から5万円に減ったとしたら、逆に生活が楽になるメリットの方を大きく感じるはずです。

また、どうしてもカードが必要な方は、親や配偶者の家族カードを持たせてもらったり、デビットカードを作ったりして、対応されている方が多いです。

無料で借金がどれくれい減るかを調べてみる

任意整理のメリットやデメリットはそれぞれありますので、弁護士や司法書士など法律の専門家に詳しくは相談をされながら、方向性を決めていって下さい。

コメントは受け付けていません。