40代で生活苦@無理をせずに借金問題を解決できる方法

40代で生活苦になると、男性・女性を問わず、貧困状態から抜け出すのがなかなか難しくなってきます。

若い時の借金であれば、がんばれば何とかなることもありますが、40代では選択肢がかなり狭まってしまうからです。

40代でも、貯金を作るどころか、住宅ローンや借金の返済に苦しんでしまっている場合は精神的にかなりきつくなってしまいます

そういった場合は、法律の専門家に相談しながら、借金を減らしてみるというのも一つの方法です。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

40代で生活苦になる原因

私が働いていた弁護士事務所に40代女性が相談に来られたことがありました。

その方は、旦那さんが元々趣味で浪費癖があり、200万円以上の借金を作ってしまっていました。

借金を返し、貧乏生活から脱却するために、心機一転、転職をしたのですが、失敗をして、逆に給料が下がってしまったというのです。

子供の教育費など出費がかさみ、毎月の借金の支払いに追われ、将来や老後に対してものすごく不安を感じてるとのこと。

実際、40代になると、積み重ねてきたスキルがないと、転職は本当に難しいです

さらに、貯蓄がないと、子供の教育費など支出の増加に対応出来なくなり、奥さんがパートをしたり、節約や家計管理をしても限界が来てしまいます。

また若い時はモテたけれども、結婚適齢期を過ぎたり、離婚をして再婚が出来なかったりして、生活苦に陥る40代のアラサー女性も最近は急増しています。

40代の生活苦を乗り切る時の注意点

若い頃に出来た借金を引きずって、40代で生活苦になると、そこからの返済は厳しくなってしまいます。

もちろん、インターネットや肉体労働など副業の収入を増やすことにより活路を開くことも可能です。

しかし、その時に気を付けないといけないことは若い時と違い40代は健康面で無理が出来ないという点です。

下手をしたら病気になって、逆に収入が減ってしまうこともあります。

つまり、40代の生活苦を乗り切るためには、気力と体力をうまく維持しながら、無理をし過ぎずに乗り越えるべき方法を考えていく必要があるのです。

借金返済が大変な場合は、債務整理という形で、借金を整理するという方法があります。

それによって、月々の支払いを減らすことが出来るため、生活苦から脱出できる可能性も高くなってきます。

実際、この方法であれば、使う力は法律の力のみなので、気力や体力を消耗することはありません

その時、相談に来られた女性も、旦那さんの借金を任意整理したのですが、過払い金が戻って来て、生活が一気に楽になりました。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

40代で生活苦に陥っていても、借金問題を解決していけば、復活できるチャンスは十分あるので、是非、気軽に相談をしてみてください。

コメントは受け付けていません。