借金1000万を返済するための具体的な道筋

借金が1000万まで膨らんでしまった場合、返済することは可能なのでしょうか?

まず自力返済に関してですが、これはやり方によっては不可能ではありませんし、実際に完済をしていった人もいます。

しかし、そのためには、収入が元々あったり、副業などをして、極端に収入を増やすことが出来たりと、最低限の必要条件を満たす必要があります。

つまり、相当な収入基盤がなければ、自力返済は難しいと言えます。

しかし、そこまでの収入がなくても、こういった所で法律の専門家に相談をしていけば、借金が1000万円で返済不能になった方でも最終的に解決できる可能性が出てきます。

1,000万円の借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

1000万円の借金でも自己破産できない

私が働いていた弁護士事務所にも、消費者金融や銀行、そしてクレジットカードを通じて借金が1000万円以上となり返済不能になった男性が来られたことがありました。

その方の借金の理由は、ギャンブルとブランドに対するこだわりでした。

ただ、その借金が奥さんにバレて、このままでは離婚だと言われたので、債務整理を検討することになったとのことです。

通常であれば、それだけの借金があれば、自己破産の手続きをしていくしかないのですが、その方は、年収が500万円以上あったのです。

また、住宅ローンを抱えていたのですが、自己破産だとマンションを失うことになってしまったので、別の債務整理の方法を探すことになったのです。

1000万円完全返済計画

もし借り入れの金額が大きくても、きちんとした収入があれば、自己破産を避けることも可能となってきます。

その方の場合は、最初、任意整理が出来るか試みましたが、計算をすると、払いすぎた利息があって、700万円まで借金を減額できることが分りました。

しかし、その場合、月々の返済額は3年間(36回)でも19万4千円、5年間(60回)でも11万6千円で、少し厳しいといことになり、個人再生を考えることになったのです。

個人再生とは?

個人再生は、住宅ローンを維持できるだけでなく、借金を約5分の1まで圧縮することが出来ます。

単純計算をしても、1,000万円の借金は、200万円まで圧縮できますし、3年間で返済する場合でも、月額5万5千円まで減らせます。

それだけの返済額なら、現在の収入から考えれば、問題なく返済できるということで、個人再生で手続きを進めることにしました。

そこまで来れば、あとは出費を抑えて、節約をしていけば、貧乏な生活をしなくても、問題なく完済という目標を達成していけますし、貯金を作っていくことだって可能です。

借金1,000万円となり返済が困難になると、人生これで終わりだと思ってしまうことがあります。

しかし、法律の専門家に相談することによって、返済への道が一気に開かれる可能性は十分あるのです。

1,000万円の借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

まずは法律の専門家に気軽に相談をしてみるところから始めてみて下さい。

コメントは受け付けていません。