任意整理後に借り入れはできる?

任意整理は、債務整理の中でも一番、手続きが簡単で裁判所を通すこともなく気軽に出来る手続きですが、それでも、やはり債務整理であることに変わりはないので、債務整理中や債務整理後は、新たな借入れを行うことが出来ません。

任意整理の場合、手続きが終わってから、基本的に5年間は、信用情報機関に事故情報が登録されてしまうからです。

ですから、その期間は、消費者金融からのキャッシングやカードローン、クレジットカードや銀行のローンや融資などを申し込んでも審査に落ちてしまい、借金をすることが出来ません。

そういった観点で不安を感じる方もいらっしゃいます。

ただ、このような無料サービスも利用しながら、法律の専門家を通じて、手続きを行っていけば、任意整理後に借入れが出来ないことによって問題が起こらないよう対処できますので、気軽に相談をしてみてください。

任意整理に強い専門家に無料で相談が出来るサービス

任意整理の返済中や返済後の借入れについて

私が働いていて弁護士事務所に相談に来られた方で、任意整理後の借入れについてすごく心配をしている方がいらっしゃいました。

任意整理後は、5年間新たな借入れを行うことが出来ないのですが、その一方で、任意整理をした後は、基本的には3年、長くて5年間で、残債を完済していくことになります。

ですから、任意整理を行った場合は、返済中に借入が出来ないのはもちろんのこと、仮に3年間で返済が終わって、借金がなくなったとしても、残り2年間は、金融機関からお金を借りることは出来ません。

いくら年収があっても、審査基準の甘い楽天銀行などであっても、有名で信頼性のある会社に入っていたしても、事故情報があるという一点で、落とされてしまうのです。

よく、アコムのような大手の金融機関から借りるのは難しいので、中堅消費者金融や”ブラックでも即日融資OK”みたいなところから借りることが出来ないかと考える人もいますが、無理に借りようとすると、闇金に引っかかってしまう可能性があるので、注意が必要です。

任意整理は、債務整理に強い専門家を通じて行う

こういった話を聞けば、いろいろ不安になってしまうかもしれませんが、事前に弁護士など法律の専門家に相談することを通じて、任意整理後のトラブルをしっかり防ぐことが出来ます。

実際、借金の返済を放置していると、借金は膨らむばかりで、その内、滞納をしたりすると、ブラックリストに載ってしまいます。

利息という形で、ムダなお金がどんどん出ていくだけです。

しかし、任意整理を行えば、過払い金が発生していたら、その分、借金が減額されますし、将来利息もカットされるので、最終的に支払うべき借金の総額は大幅に減らすことも可能となってきます。

5年間、新たな借入れが出来ないという小さなデメリットを恐れて、借金を一気に返済して、完済への道筋をしっかり付けるというメリットを失ってしまうことはあまりにもったいないことです。

もちろん、任意整理後に、返済が出来ず、返済を埋め合わせるための借金が出来ないで、結局、任意整理に失敗し、自己破産をすることになったというケースもあったりしますが、実際、債務整理に強い専門家に相談をしながら、きちんと計画を立てて進めていけば、問題はないのです。

その時、相談に来られた方も、結局、任意整理後の返済期間中に、返済額が減った分、貯金を作って、借入れをしなくても大丈夫な万全の体制を作っていました。

任意整理をスムーズに進めていくためには、まず無料相談を活用しながら、じっくりと返済計画を立てた上で、進めていかれることをオススメいたします。

コメントは受け付けていません。