借金を清算(せいさん)

“借金の清算”というのは、借金の返済に苦しむ人にとっては、一つの願望であり、夢のようなお話ですよね。

実際、借金が清算出来ないと、結婚の壁になることもありますし、住宅ローンなどの審査を受ける場合も、弊害になって来ます

借金を清算するために、債務整理という方法がありますが、うまくやらないと、しっかり清算出来ないので、必ず弁護士や司法書士を通じて、行なうようにして下さい。

まずはこういったところで法律の専門家に相談するところから、借金清算の第一歩を踏み出す方は多いです。

【無料相談】借金清算の方法について、アドバイスを受けてみる

借金の種類ごとの精算方法

私が働いていた弁護士事務所に相談に来られた方で、消費者金融からのキャッシングやカードローンなどで300万円以上の借金を抱えて、自己破産を検討されている方がいらっしゃいました。

会社でリストラに遭ったタイミングで、闇金にも手を出してしまい、闇金業者からの執拗な取り立てで、完全にドツボにハマっていたんですね。

まず、ヤミ金に関しては、貸金業法の範囲外でお金を貸しているため、返済する必要がありません。

そういった面も含めて、弁護士や司法書士に相談をしたら良いのですが、事務所によっては、ヤミ金に対応してくれないところもあるので、事前に確認をするようにして下さい。

ある意味、闇金清算は払わなければ良い訳ですから、単純と言えば単純です(ヘビーですけど・・・)

ただ、その一方で、消費者金融や銀行など、合法的な業者からの借金は、法律に基づいた手続きで整理をしていく必要があります。

こちらの方は、債務整理という形で、がっつり取り組んでいく必要があります。

借金を清算して開ける未来

その時、相談に来られた方は、破産を検討されてはいましたが、借金を長期に渡って行なっていたため、過払い金がかなり発生していることが分り、300万円の借金を業者との交渉によって、150万円まで減額することに成功しました。

それを任意整理という形で、5年間(60回)で返済していくことになったので、月々の返済額は25,000円まで減らせることが出来ました。

(過払い金があまり発生せず、借金が思ったように減らない場合は個人再生とい方法もあります)

任意整理は、将来金利をカットできるので、減額した借金に、利息がついてまた増えることはありません。

また家族にも内緒でこっそり行なうことも十分可能なので、債務整理の中でも、一番人気のある手続きです。

その代わり、5年間、ブラックリストに載ってしまうので、は新たな借入を行なうことは出来ませんが、その方は、返済の負担が減った分、貯金を作っておいて、5年後に借金を清算した段階で、住宅ローンも見事に組むことが出来るようになったのです。

借金を清算出来れば、希望あふれる人生が待っています。

【無料相談】借金清算の方法について、アドバイスを受けてみる

まずは、勇気を持って最初の一歩を踏み出すところから始めてみて下さい。

コメントは受け付けていません。