ブラックでもお金を借りたい時は?

ブラックになってしまった場合、大手の消費者金融や銀行では、キャッシングやカードローンを申込んでも、まず審査が通りません。

ですから、そのような場合は、街金と呼ばれるような中小の消費者金融に申込んていくしかなくなっていきます。

ただ、ブラックでも融資をしてくれる場合は、デメリットもきちんと理解しておく必要があります。

実際、ブラックでも大丈夫なところを必死になって探している内に、下手をしたら闇金に引っ掛かってしまう可能性もあり、なかなか安心して借りることは難しいかもしれません。

もし、いろいろやってみて難しければ債務整理を行なった方が、いろいろな意味で安心ですし、債務整理は、多額の借金に苦しむ人であれば、ブラックでも誰でも出来ますのでで、より確実でもあります。

【無料相談】借金がどれくらい減るかを聞いてみる

ブラックでもお金を借りる方法とデメリット

中小の消費者金融を利用した人達のクチコミや評判を見てみると、ブラックでも借りることが出来たというコメントも見受けられます。

ただ、借りることが可能であったとしても、店頭でないと審査は出来ないと言われ、審査に時間が掛かって即日融資は難しかったり、金利を利息制限法ギリギリで設定していたりしています。

またお金が必要な人にとって、結構痛いのは、限度額が少ないということです。

5万、10万、20万円ぐらいなら何とかなるかもしれませんが、30万、50万、100万円になってくるとブラックリストに載っている状態で借りるのは、かなり難しくなってくるでしょう。

また、中小の消費者金融でも、ちゃんと返せる見込みのある人でないと、貸してはくれないので、無職であった場合は、やはり借りるのが難しくなってしまいます。

安心という意味での債務整理

つまり、ブラックでもお金を借りられるところを探しても、そこで審査に通るかどうか微妙だし、仮に審査に通ったとしても、限度額は少ないので、しばらくしたら、また新たな借入をしなければならなくなる可能性は十分あります。

それでもさらにお金を借りたいと思って無理をしていると、いつしか闇金に引っ掛かってしまうリスクも高まってしまいます。

そういったお金の不安に付きまとわれ続けるのであれば、最初から、債務整理をしてしまった方が安心です。

債務整理をすると、もちろん信用情報機関に事故情報が登録され、ブラックリストに載ってしまいますが、ブラックの人がブラッリストになっても、あまり変わりはありません

その一方で、借金を大幅に減額したり、チャラにしたりすることが出来ますので、借金の負担は一気に軽くなるというメリットがあります。

仮に自己破産をしたとしても、一生ブラックという訳ではなく、10年経てば、確実にブラックではなくなっていくので、その期間だけ耐え忍べば大丈夫です。

ブラックでもお金を貸してくれるところを探し続けるか、債務整理で借金を確実に減らしていくか、いずれにせよ、じっくり考えながら、判断されることをオススメいたします。

コメントは受け付けていません。