借金返済の問題はどう解決?

借金返済を債務整理を行なうとした場合、いろいろな問題が起こってくる場合があります。

奨学金の返済が残っていたり、住宅ローンを抱えていたりなど、債務者の事情によって、どういった解決方法が良いかは違ってきます。

ですから、自分なりに判断するよりは、弁護士や司法書士などに相談をしながら進めていくのがスムーズです。

【無料】あなたにあった借金問題の解決法を見つけられる相談窓口

借金返済の問題の切り分け例

私が働いていた弁護士事務所にやってきた方で、多重債務者になってしまったのですが、まだ大学時代に作った奨学金も残っている方がいらっしゃいました。

その相談者の方は、消費者金融からの借金を含めて、借入額が300万円を越えていて、この問題をどう解決するべきか悩んでいたのです。

奨学金は、基本的には親が保証人になっているので、奨学金を債務整理の対象にすれば、債権者である日本学生支援機構から保証人に請求が行ってしまいます

自己破産をすれば、すべての借金がチャラになるというメリットがありますが、逆の見方をすれば、すべてを精算しなければならないので、「保証人のいる債務は対象から外したい」という甘えは許されないのです。

もちろん、リストラや病気などで、収入がまったくない場合は、自己破産をするしかなくなってきますが、もしそれなりの安定した収入があれば、整理する債務の対象を選べる任意整理という形で出来ないかを検討するようになります。

借金問題に強い弁護士を選ぼう

法律事務所を探す場合は、着手金が無料になっていたり、費用の安いところを選ぼうという気持ちが働きやすいですが、一番重要なのは、その法律事務所が債務整理を強みとしているかという点になってきます。

特に任意整理の場合は、裁判所を通さず、貸金業者と代理人が直接交渉をしていくようになるので、どの事務所に依頼するかによって、時間や減額できる借金の金額に大きな違いが出て来るからです。

弁護士費用が安くても、債務整理を得意としていないところに依頼してしまうとかえって損をするケースもあります。

こちらの弁護士事務所であれば、借金問題に強いだけでなく、全国対応しているのでオススメです。

債務整理に強い弁護士事務所

或いは、実際に法律の専門家とやり取りをしながら、安心できる相談先が見つかったら依頼をするという方法もあります。

いくら有名な弁護士事務所で良さそうに見えても、実際にやり取りをしないと、分からないことも多いからです。

メインの弁護士は忙しいので、別のスタッフが応対していたら、対応が最悪だったというケースもあります。

無料かつ匿名で相談できるサービスがあれば、そういったものはフル活用して、是非、自分に合った解決法を見つけて下さい。

コメントは受け付けていません。