過払い金の無料相談の詐欺手口を暴露!騙されないためには?

過払い金請求では無料相談と言いながら詐欺を仕掛けてくるところがあります。

実際、過払い金の請求に関しては、無料相談や着手金ゼロというのが当たり前になって来ています。

その理由は、過払い金返還請求は、依頼者だけでなく、手続きを行なう弁護士や司法書士も儲かりやすいからです。

そのような事情もあり、詐欺行為を行なう悪徳弁護士や不当な利益を得ようとする人たちによる被害もいろいろ出て来ています。

ですから、過払い金請求は、しっかりと実績を持っていることで有名な事務所に相談をするのが無難ですし安心です。

消費者金融も恐れると評価が高い杉山事務所

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

過払い金の無料相談による詐欺の手口

では、過払い金で無料相談だと言いながらどんな詐欺をしかけてくるのか、その特徴的なパターンを暴露していきます。

資格がないのに電話やハガキで勧誘を行なう

過払い金請求の手続きを代行出来るのは、弁護士と資格を持った司法書士だけです。

しかし、そのような資格を持っていない会社やNPO法人などの団体が電話やはがき、またはメールを使って、無料相談が出来るという連絡をして、勧誘を行ってくるケースがあります。

そこで、着手金を払うとその後は連絡が途絶えてしまうという詐欺の手口があります。

消費者金融から借金をしていた人のリストを入手して勧誘をしていくることもあるので、そういった連絡には絶対応じないようにして下さい。

法律事務所自体が着服

過払い金請求の無料相談を行ない、依頼をした後、貸金業者との交渉は、法律事務所に委ねられるようになります。

ですから、悪質な事務所によっては以下のような詐欺行為を行なうところもあります。

  • 本当は、もっと交渉して過払い金を請求できるのに、勝手に途中で和解をしてしまう
  • 本当は、もっと返還されているのに、過少に報告して、あまった分を着服する

中には、無料相談で個人情報を聞いた段階で、勝手に過払い金請求を始めてしまう悪質業者もあります。

過払い金の無料相談による詐欺はなぜ多い?

そもそも、なぜ、過払い金請求は無料相談が多いのでしょうか?

実際、債務整理の場合は、債務者は借金が減るだけで、手元にお金が残りません。

しかしそれに対して、過払い金請求は、依頼者が既に借金を完済しているケースがほとんどなので多額のお金が入って来ます

ですから、そういった依頼者に対しては、多少費用を多めに請求することも可能となってきます。

過払い金請求の費用の相場は、通常和解であれば20%、訴訟であれば25%というのが大体の相場です。

さらに、依頼者が長期に渡って多重債務などの借金で苦しんでいた場合は、それだけ返還額も大きくなり、依頼者も法律事務所も儲かることが出来ます。

ですから、最初に無料相談という形で敷居を低くしておけば、それによって、多くの人から依頼を受けられ、利益も上げられるということになります。

もちろん、こういったトラブルには、いろいろ気を付けないといけません。

ただ、逆に、被害を恐れて、過払い金請求を躊躇してしまうと、その方が、かえって大損ということになりかねません。

過払い金の無料相談詐欺の被害に遭わないためにも、過払い金請求は、きちんとした実績がある大手の事務所にこちらから依頼されることをオススメいたします。

過払い金請求に強くて有名な杉山事務所

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

コメントは受け付けていません。