個人再生に必要な書類

個人再生は、債務整理の中でも、必要書類が多く、かなり複雑なところがありますので、その一覧について整理をしていきます。

再生手続き申立書とその添付書類

●申立書
●委任状
●住民票:世帯主全員分、3ヶ月内に発行されたもの
●戸籍謄本3ヶ月以内に発行されたもの
●債権者表:借入先の名前、連絡先、借入金額、借入期間などを記載
●財産目録
●陳述書:個人再生をするに至った経緯や職業、勤務先、収入など
●家計表(家計収支表):直近2ヶ月分かつ1ヶ月単位で作成、同居人がいる場合はその分も含める
●清算価値算出シート

収入を証明する書類

※申請をする人の条件に応じて提出書類が決まります。

●給与明細書:本人と同居人のもの、過去3カ月分
●課税証明書:過去2年分
●源泉徴収票:過去2年分
●確定申告書:過去2年分

住居に関する書類

●賃貸借り契約書:賃貸の場合
●住居使用許可書
●住宅ローンの契約書

財産を証明する書類

※財産がある場合、必要に応じて書類を提出します。

●預貯金通帳:過去2年間分
●保険証券
●保険解約見込み額証明書
●積立金証明書
●自動車登録証書
●自動車の査定書
●車検証
●車両の検査書
●建物登記簿謄本
●不動産登記簿謄本
●不動産の査定書
●固定資産額評価証明書
●退職金見込み額証明書

その他

●差押・仮差押えの決定正本:過去の訴訟があった場合
●可処分所得額計算シート:給与所得者等の場合必要

このように個人再生は、かなり書類が複雑なのですが、任意整理であれば、裁判所を通さなくても良い分、必要書類が大分、簡略化されます。

ですから、借金の返済に困った場合は、一度、法律の専門家に相談されることをオススメいたします。

コメントは受け付けていません。