弁護士費用分割払いについて

債務整理を弁護士に依頼する場合、気になるのはその費用ですよね。

離婚や刑事事件など、場合によっては依頼者に経済的余裕があれば良いのですが、債務整理の場合は、元々お金のない人が依頼するからです。

実際、着手金や報奨金など、支払う金額が大きくなるの心配して、依頼を躊躇してしまう人もいます。

そういった場合は、事前に無料相談サービスを利用して、分割払いが出来るかを確認しながら、支払いシミュレーション立てた上で、依頼をしていくと確実です。

【無料相談】借金返済のシミュレーションを立てていく

法テラスを通じた弁護士費用の分轄払いについて

私が働いている弁護士事務所に相談をしにきた方で、費用面を非常に心配されている方がいらっしゃいました。

その方は、元々、法テラスを通じて依頼をしようとしていたのです。

法テラスでは、民事法律扶助という形で、弁護士費用を立て替えてくれて、分割払いをしていく制度があるという話を聞いたからです。

しかし、実際に、相談をしようとすると、法テラスでは、民事法律扶助だけでなく、無料相談サービスを受けるのも、収入要件がある一定の基準以下でなければならなかったのですが、その条件を満たせていないことに気が付いたのです。

弁護士費用が払えない場合

実際、借金の返済が難しいので、債務整理を行なう訳ですが、そこで弁護士費用を延滞したり遅れてしまった場合は、最悪は弁護士に辞任されてしまう可能性があります。

ですから、弁護士費用が高いと思っても、必ず工面していく必要があります。

受任通知後の期間を活用する

弁護士費用で分割払いに対応しているところは、受任通知後の期間をうまく活用しているケースが多いです。

つまり、受任通知を行なった後、貸金業者からの取り立てがストップするだけでなく、月々の返済義務も一時的にストップします。

もちろん、任意整理や個人再生では、手続きが完了した後に、和解案や計画案に従って再び、支払いがスタートしますが、それまでの間は、貸金業者への支払いが免除されているので、その期間に弁護士費用を分割しているという方法が一番効率的です。

このような方法を弁護士が対応していれば、お金がなくて大変な場合でも、何とか工面できる可能性が高くなりますので、詳しくは、無料相談の段階で具体的に確認されることをオススメいたします。

コメントは受け付けていません。