任意整理をすると車検ローンが通らない?

任意整理をした人にとって車検は結構頭が痛いものです。

車検は2年に1回ありますし、車種によっても違いますが、費用は10~20万円掛かってしまうからです。

急にそういったお金が準備できない方の中には、車検代を分割で支払うため、車検ローンを利用する方がいらっしゃいます。

しかし、ここで問題になってくるのは、任意整理をした後は、約5年間ブラックリストに載ってしまうので、その期間は、車検のローンの審査が通らないということです。

ですから、任意整理をする場合は、車検などの出費も想定しながら進めていく必要があります

実際、借金をどれくらい減らせるかによって、車検ローンのお金を捻出できるかどうかも決まってきます。

ですから、法律の専門家にも相談をしながら、任意整理後の返済プランも含めて検討していかれることをオススメいたします。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

債務整理と自動車について

私が働いていた弁護士事務所に、債務整理をしたいけれども、マイカーは手放したくないという男性が相談に来られたことがありました。

自己破産をした場合、自動車ローンが残っていてもいなくても、20万円以上の財産ということで、原則として放棄しなければならなくなってしまいます。

また個人再生を行なった場合でも、自動車ローンが残っていれば、手放さないといけない可能性が高くなります。

(ローンの支払いが全て終わっている場合は、借金を減額した後の残債の金額より車を換価した額が低ければ、手元に残すことが出来ます)

結局、その方は、車のローンが残っていたのですが、任意整理で、自動車ローン以外の借金を整理することを通じて、車を維持することにしたのです。

任意整理と車検ローンの審査

ただ、そこで問題になったのは、任意整理後にすぐ車検が迫っていたということでした。

車検費用をローン払いにしたい場合は、コバック、オートバックス、銀行のカードローンなど、どこでお金を借りるにしても、当然、審査があります。

しかし、任意整理後は、信用情報機関に事故情報が約5年間、登録されるので、車検ローンを組むことは出来ません

車検切れを起こした状態で、車を走らせてしまうと、30日間の免停と、6ヶ月以下の懲役または、30万円以下の罰金が待っています。

任意整理後、新たなに借入が出来ない時に、罰金なんて食らった日は、それこそ、ダブルパンチです。

ただ、その方は、事前に車検でお金が掛かることが分かっていました。

また、任意整理後に過払い金などで借金がかなり減額され、将来利息もカットされたので、月々の返済額が減り、少し余裕が出来た分、車検用のお金を事前に準備しておいて、切り抜けることが出来たのです。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

任意整理後は車検など、予想できない出費があったりするものなので、失敗がないよう、弁護士や司法書士とじっくり相談をしながら進めるようにして下さい。

コメントは受け付けていません。