借金の時効について

借金には時効があります。

具体的な時効期間は、

●債権者が銀行や消費者金融などの貸金業者であった場合は5年間
●債権者が個人であった場合は10年間

となっていますが、消滅時効が成立させるのは、簡単ではありませんし、ちょっとしたきっかけで時効が中断されて、それまでの苦労が水の泡になってしまうことも実に多いのです。

ですから、いつ時効が中断になるかビクビクするよりは、こういったところを利用して、債務整理を行なってしまった方が、気持ち的には楽になるものです。

【相談無料】借金がどれだけ減額されるか調べてみる

借金の時効はいつから始まる?

借金の返済をしていて、途中で支払いを放棄することになった場合、

●返済の期日が決まっていれば、返済予定日の翌日
●返済の期日が決まっていなければ、最後の返済日の翌日

が時効の起算日となります。

それから5年間の間、一円たりとも債務の返済を行なわず、債務があることを一切認めず、財産の差押えなどを免れることが出来れば、晴れて、時効期間をまっとうしたことになります。

詳しくはこちらの記事をご確認下さい。

借金の時効が中断してしまう条件

ただ、それだけでは時効が成立しないので、弁護士や司法書士を通じて、時効の援用手続きを行なって始めて、時効が成立するようになります。

借金の時効援用は失敗が多い

しかし、いざ、借金の時効援用をしようとしても、失敗してしまうケースもよくあります。

よくあるのは、実は、既に時効が中断していて、逆に「払わなかったお金を返せ!」と請求されるパターンです。

それまで、借金から必死になって逃げ回っていたのですから、自分の借金がどう対処されているか、分からないのもある意味当然ですよね。

借金の時効を援用のその後

仮に借金の時効の援用に成功した場合、そこから5年間、事故情報が信用情報機関に登録をされ、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりするなど新たな借入を行なうことが出来ません。

もちろん、借金を踏み倒した相手の債権者からは、二度と貸してはもらえないでしょう。

何よりも、借金から逃げ回って踏み倒すことによって、あなたの社会的信用はガタ落ちになるので、そういった意味でのデメリットは大きいです。

【相談無料】借金がどれだけ減額されるか調べてみる

ですから、借金の時効を迎えるのを待つよりは、早めに債務整理をしてしまう方が、心理的負担が遥かに少ないのでオススメです。

コメントは受け付けていません。