過払い金を弁護士や司法書士に依頼する際の費用対効果

過払い金の返還請求を行う場合、弁護士や司法書士に依頼をすると、費用がもったいないと考える方も多いです。

実際、過払い金請求を行うと弁護士がかなり儲かるという実情もあり、悪徳弁護士が出て来てトラブルに巻き込まれるケースもあります。

しかし、選び方さえ間違えなければ、費用対効果という観点から見ても、法律事務所にお任せする方が絶対お得です。

また、過払い金返還請求であれば、下手な弁護士に依頼するよりも、実績のある司法書士に依頼する方が、さらに効率よく過払い金を回収することが出きます。

過払い金請求に強い杉山事務所に無料相談してみる

過払い金請求を弁護士などに依頼するメリット

私が知っている方で、過払い金請求で弁護士に払う費用がもったいないので、自分で手続きを行なった方がいらっしゃいました。

しかし、その方は、貸金業者と返還交渉を行なった結果、実際に発生した過払い金100万円の50%しか和解で取り戻すことが出来なかったのです。

実際、その貸金業者は、法律事務所を通じて行えば、70%以上は確実に取り戻せる可能性があったところでした。

もし過払い金を法律の専門家に依頼をした場合、報酬の相場は、返還した金額の20%です。

(あとは、着手金や成功報酬で3~4万円掛かる場合があります)

本来であれば、70万円から返還報酬14万円を差し引いた56万円が手元に残るはずが、自分でやったが故に50万円しか取り戻せなかったという訳です。

なぜ、そうなってしまうのでしょうか?

その理由は、貸金業者に足元を見られてしまうからであり、さらに債権者側は、本来弁護士や司法書士に依頼した場合、掛かる費用を見越して、その分を差し引いて和解案を提示してくるからです。

さらに、自分やる場合は、それだけ時間と手間を掛けているので、苦労の割には実りが少ないというのが、自分で過払い金請求をする場合のデメリットなのです。

弁護士が良いか司法書士が良いか?

また弁護士は、司法書士だと(発生する過払い金が)140万円以上の案件は扱えないから弁護士が良いと勧めます。

しかし、一社あたりで発生する過払い金が140万円より低くなる場合は、報酬費用が比較的安めの司法書士の方がお勧めということになります。

逆に、債務整理に詳しくない弁護士よりは、過払い金請求でムチャクチャ実績のある司法書士の方が、費用対効果はずっと高くなります

上記でも紹介している杉山事務所は、無料で相談が出来、着手金も無料、さらに過払い金の返還実績には絶大なものを持っています。

過払い金請求は、こういった事務所に丸投げをしてしまって、余った時間を他のことに投資する方が遥かに効率が高いですよ。

コメントは受け付けていません。