自己破産をしたら妻の財産も処分されてしまいますか?

私がギャンブルにはまってしまったせいで、300万円の借金を抱えてしまいました。
自己破産を考えているのですが、妻名義の財産も処分の対象となりますか?
結婚前から奥さんの名義であった財産は、問題ありませんが、結婚後に奥さんの名義で作られた財産に関しては、処分の対象となる可能性があります。

財産に対する基本的な考え方

自己破産をした際、一番心配になるのは、家族への影響と考える方は多いです。
借金をしたのは、自身の至らなさが原因で、家族には何も責任がないの・・・・と思う方もいらっしゃるかと思います。

一般的には、自己破産をしても、処分をされるのは本人の財産のみで、妻などの家族の財産は、処分の対象にならないというのが、夫婦別産制という制度に基づく基本的な考え方となります。

ただ、ここで問題になってくるは、どこまでが妻の財産として認められるのかという観点です。
結論から言うと、
結婚前の妻名義の財産→処分の対象にはならない
結婚後の妻名義の財産→処分の対象になり得る
ということになります。

結婚後に、妻名義で作った財産は、夫の収入によって作ったとみなされる可能性が高くなってしまうからです。
この場合は、処分の対象から逃れるために、わざと名義を変えたとみなされ、処分の対象になる場合もあります。
あとは、その財産を形成する際、妻がどれくらい貢献をしているかが処分の対象になるかどうかの判断の分かれ目になります。

その中に奥さんがレジ打ちのパートで一生懸命貯め込んだお金が入っていたしても、最終的には裁判所の判断に委ねられてしまうことがあります。

また、財産の中でも、生活の中で共有しているような財産も処分の対象になってしまう可能性は高いです。

妻が連帯保証人になっている場合は要注意

あと、自己破産をする際に、気をつけないといけないのは、連帯保証人が、奥さんになっている場合です。
この場合は、夫が自己破産をしても、保証人である奥さんに借金の取立てが来てしまうようになります。

ですから、このようなケースでは、夫婦一緒に自己破産を申請する必要が出てきます。

ここでの話は、基本的なラインでのお話になります。実際に、どこまでが妻の財産とみなされるかは、判断の難しいケースも出てきます。
また自己破産は、あくまでも最後の手段であり、そこまで処分が厳しくない債務整理の方法もありますので、ご心配な方は、一度、弁護士の相談してみてください。

コメントは受け付けていません。