債務整理すると賃貸マンションは借りられる?

債務整理をすると賃貸マンションの入居審査が通りにくくなりますが保証会社をつけるなどの対策をすることで入居することが可能になります。

債務整理をすると、個人信用データベースへ事故記録が載り、それが消える前の5年~10年程度は金融機関からの借り入れやクレジットカードなどは審査に通らなくなってしまいます。賃貸マンションを借りる場合でも、このデータベースへ情報照会が行われる場合だと、入居審査に通らなくなる確率が高くなります。全ての賃貸マンションというわけではありませんが、家賃の支払いにクレジットカードの利用を受け付けていたり、家賃の引き落としを信販会社が行っている場合などには、入居審査の際に個人信用情報データベースへ情報照会が行われるので、そこで審査落ちすることになってしまいます。

ただし、保証会社から保証を受けることができれば、入居審査に落ちてしまう人でも賃貸マンションの契約ができるというケースはあります。保証会社は不動産業者が紹介してくれることが多いので自分で探す必要はなく、過去に家賃滞納などがなければだいたい保証してもらえることが多いようです。無料というわけではなく、手数料として家賃の半月分程度を支払うことになりますが、保証会社から保証を取ることができれば、本来なら借りることができない賃貸マンションでも借りられるというのは大きな安心感ではないでしょうか。

個人信用データベースの事故記録が抹消されれば、保証会社からの保証は必要なくなりますし、入居審査でも落ちてしまう心配がなくなります。期間は長いですが、債務整理をしたデメリットだと思って辛抱しましょう。

コメントは受け付けていません。