持ち家を手放さずに債務整理する方法

持ち家を手放すことなく債務整理するには、民事再生という方法がありますが、住宅ローンの返済を滞ってしまうと差し押さえされるリスクはあります。

債務整理にはいくつかの種類があり、持ち家などの不動産を含めて財産が没収されてしまう種類もありますが、持ち家を手放すことなく債務整理して借金の整理ができる方法もあります。債務の額が大きいと、収入と債務額によっては自己破産をすることがベストの選択肢という場合がありますが、自己破産をすると持ち家は没収されてしまい、住む場所にも困ることになります。しかし民事再生という方法を選択すると、持ち家はそのまま残すことができ、その他の借金についての整理ができるので、それまでの生活を劇的に変えることなく債務整理できるというメリットが期待できます。

ただし、民事再生をしても、住宅ローンの返済が滞ってしまうと任意売却となって持ち家を強制的に売却することになるので注意しましょう。民事再生を行う際に持ち家がある場合、保証会社に保証を依頼するのが一般的ですが、もしも住宅ローンの返済が6カ月程度遅れると差し押さえの対象になってしまうという条件が付きます。そのため民事再生をしたから持ち家は安泰だというわけではなく、場合によっては差し押さえられて失ってしまう可能性があることは、しっかり理解しておかなければいけません。

債務整理をした場合、賃貸アパートやマンションも入居審査に通りにくくなりますし、保証会社からも保証を受けられないとなると、賃貸物件の契約そのものができなくなってしまいます。「あの時自己破産していればよかった」と後悔しないためには、返済能力を考えて民事再生がベストな選択肢なのかをよく考えましょう。

コメントは受け付けていません。