債務整理すると仕事をやめることになる?

債務整理の中でも自己破産をすると職業によっては資格制限がかかるので続けることはできませんが会社をやめる必要はありません。

債務整理をしても、基本的には現在の仕事を辞める必要はありません。しかし、債務整理の手続きを始めるのが遅れてしまうと、金融機関からの督促電話が職場にもかかってきたりして、職場にいづらくなってしまう雰囲気になることはあるかもしれませんね。また、職種によっては、債務整理をすることによって仕事を続けることができないと法律によって定められているお仕事もあるので注意しなければいけません。これは、自己破産によって特定の職業は資格制限を受けるためで、弁護士や会計士をはじめとする国家公務員の資格や、警備員などのお仕事、会社の役員などは続けることができなくなります。

しかし、仕事をやめる必要があるかと言えば、決してそういうわけではありません。例えば警備員として警備会社に勤務している人の場合には、警備員という職種を続けることはできませんが、経理とか人事など警備員以外の職種なら仕事をやめることなく続けることができます。職場によっては、フレキシブルに対応してくれる所もありますが、もしも職場でそうした対応ができない場合には、資格制限がかかっていないお仕事へと転職する必要があります。

ただし、資格制限が適用されるのは債務整理の中でも自己破産だけなので、任意整理や民事再生などの方法を選択すれば、資格制限の対象にはならず、仕事をそのまま続けても問題ありません。あくまでも、資格制限の対象となるのは破産者のみ、つまり自己破産をした人だけです。

コメントは受け付けていません。