友人からの借金は債務整理できる?

友人からの借金は金融機関からの借り入れではなく契約書がない事も多いですが債務整理の申し立てをする際には債権として整理の対象となります。

債務整理は金融機関からの借り入れだけでなく、友人からの借金や家族、親戚などから借りているお金もすべて含めて整理することになります。口約束でお金を借りていたり、出世払いなどで借りている場合もあるかもしれませんが、借金はどのような状況でも借金で、お金を貸している人は債権者という扱いになります。そして、債務整理の手続きをすると、弁護士もしくは裁判所から債権者に対して連絡が行くことになります。

友人からの借金で注意しなければいけないことは、債務整理をして友人から借りたお金をチャラにするということは、借りた時の「返す」という約束を不履行にするということでもあり、友人関係に大きなヒビが入ることは避けることができないでしょう。縁を切られてしまうこともあるかもしれませんし、どんなに大切な友人でも自分のそうした無責任な行動によって失うことになるという点は、念頭に入れておきましょう。また、友人へのマナーとして、債務整理をする際には裁判所や弁護士から連絡がいく前に、自分の口から債務整理をすることになり、該当する機関から連絡が入るという旨を伝えておきましょう。

友人の借金だけは債務整理の対象にしたくないという場合には、債務整理の申し立てをする前に友人へ完済するという方法もあります。金額によっては難しいですし、免責不許可事由になってしまうリスクはありますが、困っている時にお金を貸してくれた友人に対しては礼を尽くしたいという場合には、そうした方法も選択肢の一つです。

コメントは受け付けていません。