債務整理をすると旅行に行けない?

債務整理をすると旅行に行ってはいけないという法律はありませんが返済に回すことを最優先するのがオススメです。

債務整理すると旅行に行けないというルールや法律はありません。海外旅行でも国内旅行でも、行きたい場所には自由に行く事は可能です。しかし、旅行に行くということは費用がかかるわけで、債務整理をしなければいけないほど生活が圧迫されていて借金の返済ができない人にとっては、旅行に行く費用を捻出する余裕があるかどうかという点は疑問と言えるのではないでしょうか。また、債務整理の手続きをすると、クレジットカードはほとんど使えなくなりますし、金融機関からお金を借りることができなくなってしまうため、旅行に行くと言っても全てを現金決済しなければいけなくなります。そうした点でも、旅行に行く事は可能だけれど現実的にはなかなか行きづらい状況になってしまう事は否めません。

債務整理をしてからしばらく期間が経ち、毎月の返済をきちんと続けていて生活にも少しずつ余裕が出てきたという場合なら、気分転換に旅行に行くのは良いことではないでしょうか。毎月の返済が滞っていなければ旅行に行く事によって債権者から「そんな余裕があるなら返済に回せ!」と言われることはありませんし、海外旅行に行く事もできます。

しかし、旅行など贅沢消費をする際には、くれぐれも返済が滞ることが無いように注意しましょう。もしも債務整理中に返済が遅延してしまうと、一括返済を求められることになったり、財産差し押さえなどですべてを失ってしまうリスクもあります。そのため、債務整理後に借金を完済するまでは、できるだけ贅沢は控えて返済に回すことを最優先にしたほうが良いかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。