債務整理の和解契約書について

債務整理で任意整理をした場合には金融機関との交渉の結果どのラインで合意できたのかが明記されている和解契約書を交わすことになります。

債務整理の中でも、金融機関と直接交渉して金利や利息、残債について交渉する任意整理の場合には、交渉が成立すると和解契約書を交わすことになります。これは、お互いどのような条件で交渉が成立したのか合意したという内容を記す契約書で、弁護士や司法書士など法律に関して専門的な知識を持っている人が作成してくれます。和解契約書に記されている内容は、交渉の結果、いくらの残債をどのぐらいの金利で支払うことになるのか、また何回の分割払いにするのか、完済はいつになる予定なのかなど大まかな概観に加え、毎月何日が支払期日になるのか、端数の取り扱い、また返済方法など細かく具体的な部分まで記載されることになります。任意整理をした場合には、返済は銀行振り込みで払うことが多いのですが、その場合には振込先の銀行口座なども和解契約書に記載されることになります。

その他、和解契約書には万が一債務整理中に返済が遅延した場合の取り扱いについても記されています。何回延滞したとか、残債に対して何パーセントが延滞した段階で差し押さえになるとか、一括返済になるなど、具体的な対処法が記されることになります。これらはごく一般的な内容になっているので、自分だけ特別厳しい処分になってしまうという心配はありません。ただし、知っておかなければいけない内容なので、和解契約書を受け取る際には、きちんと弁護士に内容を分かりやすく説明してもらい、わからない点は質問してしっかり理解しておきましょう。

コメントは受け付けていません。