債務整理をすると銀行口座はどうなる?

債務整理の任意整理をすると整理対象となる金融機関のネットワーク銀行に銀行口座を持っていると凍結されて一時的に入出金ができなくなってしまいます。

債務整理の手続きをすると、整理する対象に銀行系のカードローンやキャッシング、クレジットカードなどがあると銀行口座そのものが凍結されてしまいます。お給料をその銀行口座に振り込んでいる場合や年金の受給口座になっている場合、また家賃や光熱費の引き落としに利用している場合などは、口座が凍結されることによって全く入金も出金もできなくなってしまうので注意しましょう。

銀行口座の凍結はだいたい1ヶ月~2か月程度が一般的で、保証会社から代位弁済が行われると凍結は解除されますし、その期間内に振り込まれたお給料や年金などは取り戻せる可能性はありますが、債務整理で債権者への返済に回されてしまう可能性が高く、必ずしも戻ってくるわけではありません。給料も年金も入ってこないと普段の生活が成り立たなくなってしまうので、債務整理の手続きをする際、整理の対象となる銀行系ローン会社とつながっている口座があったり、そのグループ企業の銀行に口座を持っている場合には、残高を全て引き出してゼロにし、別の口座へ移動させておく方法がオススメです。

ただし、債務整理で自己破産の手続きをすると、どこに持っている預貯金口座でも全てが凍結されてしまいます。その場合には、しばらくして銀行口座の凍結が解除されるまでの当面の生活費は別の所で確保できる方法を模索する必要があります。どんな方法が適切なのかは、弁護士に相談しながら決めるようにしてください。

コメントは受け付けていません。