債務整理とは借金の返済に困った時に助けになる法的手段

債務整理とは借金からの救済を目的とした法律による救済方法で任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4つの手続きからなっています。

債務整理とは、借金地獄から抜け出せなくなった人を救済し、借金の重圧から抜け出してリスタートさせるための法律と、その法律を使った解決策のことです。任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4つの手続きがあります。高過ぎる利子を払っていることがわかった場合は、過払い金返還請求をして、借金が減額されるだけでなく、返し過ぎていたお金が戻ってくることもあるのです。

債務整理と聞いて真っ先に思い浮かべるのは自己破産だと思いますが、自己破産はその後の人生や家族への影響が大きく、簡単に決断すべきことではありません。債務の金利が相場よりも高過ぎる場合は、裁判所に調停をお願いして、1万円程度の自己負担で利子の設定額を低く変えてもらうことも可能なのです。これが特定調停です。

お金を借りるのは簡単ですので、返済のことを考えずに手軽に債務を負ってしまう人は意外に多いです。毎月の収入の中から返済できているうちは良いのですが、突然の失業や残業時間の縮小などにより、返済が困難になることは誰にでも起こり得ます。法律の知識がないと、借金の催促でノイローゼになったり、借金の返済のために借金を繰り返し、徐々に返済金利の高いところからお金を借りるようになって、気が付くと借金地獄にはまって抜け出せなくなっていることもあります。借金のために家庭が崩壊し、命を絶つことさえ考えてしまう前に、債務整理について正しく理解して、自分と家族の幸せを守りましょう。

コメントは受け付けていません。