金融機関が債務整理の任意整理交渉に応じてくれるわけ

多額の借金に追われる日々は本当につらいものです。債務整理をして、返す借金が減額されると聞くとホッとします。しかし、お金を貸してくれた金融機関は全額返済されないと困るはずです。裁判所や弁護士が仲介してくれると、あれだけ激しく返済を催促してきた金融機関が返済額の減額交渉(任意整理)に応じてくれるのは、どうしてでしょうか。

借りたお金は返すのが当たり前ですが、返すお金がない場合はどうしようもありません。返済額の多さに夜逃げされたり、自己破産を申請されてしまうと、金融機関は、債務者に借金の請求ができなくなってしまいます。また、自ら命を絶って、つらい状況から逃れる人もいることでしょう。その人が保険に入っていて、保険金で支払いが完了する場合もありますが、保険金が支払われない場合もあります。例え、保険金で支払いを受けたとしても、その金融機関の評判は悪くなるかもしれません。お金は戻ってきても、担当者も良い気持ちではいられません。

最悪の事態は、誰にとっても喜ばしいことではないのです。そのため、多少であれば借金の返済額を減額しても良いと考えてくれる金融機関はあります。ただし、金融機関としても損はしたくありませんから、減額する限度や条件を提示したいと考えます。弁護士や司法書士は、国の方針や法律をよく理解していますし、お金を貸す金融機関の立場もわかってくれると考えられますから、金融機関も素人相手よりは交渉に応じやすいのです。

コメントは受け付けていません。