任意整理とは?任意整理が可能になるしくみとは?

任意整理では裁判所を通さずに当事者同士が交渉し両方が納得できる現実的な返済方法を探ります。弁護士や司法書士の助けがあると有利です。

任意整理とは、当事者の自由意思で借金の整理をすることです。裁判所を通さないで、お金を貸している者と借金をしている者が利息や毎月の支払額について交渉し、お互いに納得できて無理のない返済方法に調整します。給料のほとんどが借金の返済に回ってしまい、生活が苦しくなってきているけれども、安定した収入があり、多少調整してもらえれば、将来的には借りたお金の全額を返済可能な人に向いています。お金を借りている人が貸してくれた金融機関に直接交渉もできますが、交渉事ですので、経験や知識が豊富な専門家に任せたほうがうまくいくことが多いです。

お金を借りる時には利息が付きますが、何%までの利息なら許されるかは、法律で上限が定められています。利息に関係する法律には利息制限法と出資法の2つあって、10万円を超える借金では、出資法よりも利息制限法の方が低く設定されています。罰則のある出資法は守っても、罰則のない利息制限法は守っていない業者もいます。弁護士や司法書士が任意整理を請け負う時は、利息制限法に相手の注意を促して、利息の軽減を交渉、過去にさかのぼって利息の引き直しを行い、簡単に借金の返済額を圧縮してもらえることがあるのです。

また、お金を返してもらえなくなると、貸している方も困りますので、弁護士や司法書士など権威のある人が仲介に入ると、以後の利息をカットして、借りたお金だけ全額返済すれば良いという和解策に同意してくれる金融業者も多くいます。

コメントは受け付けていません。