任意整理を弁護士や司法書士に任せるメリットとは?

任意整理を弁護士や司法書士に依頼する最大のメリットは借金の取り立てが直ちに止むことです。

専門家に相談する費用を工面するお金があれば、借金の返済に行き詰まらない、という見方もあることでしょう。返済方法や期間を、無理なく返済できる範囲に変える交渉は、お金を借りている個人でもできますが、専門家ではないので逆に貸金業者に丸め込まれてしまい、借金が増えることもあり得ます。お金を払ってでも弁護士や司法書士に頼むメリットはなんでしょうか。

1.弁護士や司法書士が任意整理の依頼を受けると、直ちにクレジット会社や消費者金融などの貸金業者に対して「受任通知」を発送します。債権者は弁護士の受任通知を受け取ると、和解成立まで支払いの請求ができなくなります。債務整理を決断する人は、督促状や債権者からの電話ですでに精神的に追い詰められていることが多いです。弁護士に任意整理を依頼すれば、以降は弁護士が盾になってくれますので、借金の取り立てが止みます。面倒な書類作成も貸金業者との交渉もすべて弁護士が行ってくれます。精神的なゆとりができ、物事を冷静に考えられるようになり、借金の返済に専念できます。

2.弁護士や司法書士は、利息制限法の上限金利を使って利息の引き直し計算をし、将来利息をカットしてくれれば、残っている元本を分割で必ず支払うという内容で和解交渉をします。弁護士や司法書士に頼む費用は、一見高く感じるかもしれませんが、将来利息がタダになった分で弁護士や司法書士の費用がまかなえ、お釣りが来ることさえあるのです。

コメントは受け付けていません。