利息制限法と出資法の違いに着目した任意整理の方法とは

お金を貸すときの利息の上限は、利息制限法と出資法で定められています。任意整理では、2つの法律の差に注目して利息の引き直しを行うのが有効です。

軽い気持ちでリボ払いを繰り返し利用して、いつの間にか毎月、自由になるお金の大部分を借金の返済に充てなければならなくなった人もいます。リボ払いは毎月の支払額は少ないのですが、利息がとても高くなっていることに気が付いていない人が多いのです。お金を借りる時には利息が付きますが、何%までの利息なら許されるかは、法律で上限が定められています。利息に関係する法律には利息制限法と出資法の2つあります。

利息制限法はお金を借りる人を守るための法律で、利息の上限を10万円未満なら年20%まで、10万円~100万円未満は年18%まで、100万円以上は年15%までと決めていて、上限額を超える利息は無効であると定められています。しかし、お金を貸す側が利息制限法を守らなくても罰則はないのです。出資法はお金を貸す側を取り締まる法律で、どんなに高くても1年に20%以上の利息を付けてお金を貸すと法律違反で処罰されます。

出資法は守っても利息制限法は守っていない業者もいます。お金を借りる方も利息に関係する法律に詳しい人は少ないので、利息制限法で定められる率を超えていても気が付かないことが多いのです。以前は出資法での利息の上限が30%40%でしたので、20%以上の差がある場合もありました。弁護士や司法書士が任意整理を請け負う時は、利息制限法に相手の注意を促して、利息の引き直しを行います。計算し直すと、すでに借金が払い終わっていたというケースもありますし、そうではなくても、返済額が減りますので、返済は容易になります。

コメントは受け付けていません。