債務整理を弁護士より司法書士に頼むメリットとは?

闇金融が問題になった頃に司法書士でも債務整理ができるように法律が改定されたため、債務整理の実績では弁護士より優れている司法書士が多くいます。

任意整理は債務整理の中でも家族や自分の将来への影響が少ない方法ですが、自分で交渉すると取り合ってもらえなかったり、不利な条件で再合意してしまって余計に苦しくなることもあります。優秀な弁護士に頼めれば良いのですが、借金がそれほど多くない場合は、報酬が少なくて済む司法書士にお願いするのもお勧めです。

弁護士はどんな訴訟の代理人も務めることができる法律のエキスパートです。もともと債務整理も弁護士の仕事でしたが、法外な利息を貸す闇金融が問題になった当時は今より弁護士が少なく、債務整理の案件を処理しきれなくなりました。それで、司法書士法を改正し、140万円以下の民事訴訟の和解交渉であれば、司法書士にも訴訟代理権を認めることにしました。そのため、債務整理に限っては弁護士よりも経験や実績が優れてる司法書士がたくさんいるのです。

債務整理で司法書士が扱える140万円の範囲について20166月に最高裁判所で判決が下りました。この判決で、司法書士が代理権を行使できるのは、お金を借りた人ではなく貸した人が主張する金額が140万円以下に限られるのですが、債権者1件ごとに140万円以下であれば、総額が140万円を超えても良いと判断されました。つまり、5件の貸金業者から100万円くらい借りている人が任意整理をする場合、総額は500万円を超えますが、司法書士が扱っても良いことがはっきりしたのです。140万円を超える案件では代理交渉こそできませんが、司法書士がアドバイスして解決することは可能です。

コメントは受け付けていません。