債務整理の費用は法テラスに立て替えてもらえます!

弁護士や司法書士に債務整理を依頼して発生する費用は、法テラスに立て替えてもらえます。状況によっては返済を免除してもらえることがあります。

債務整理は自分ですべて行ったほうが費用は安く済みますが、借金の返済が滞るほど状況が悪化した場合は、法律の専門家に援助を求める方が早く上手に解決できます。しかし、弁護士や司法書士に依頼するお金を工面する余裕もない場合はどうしたら良いでしょうか。

日本司法支援センター法テラスには、お金がない人でも司法制度を利用して自己救済ができるように弁護士や司法書士を利用する費用を立て替えてくれる民事法律扶助業務という制度があります。法テラスの立替制度を利用できるのは、日本国内に住所があって収入が一定額より少なく、弁護士や司法書士が援助すれば解決する見込みのある人です。弁護士や司法書士に債務整理を依頼してすぐに発生する着手金、裁判所や債権者に渡す書類の作成にかかる費用・交渉や裁判に行くための交通費・印紙代などの実費、成功報酬のすべてに使えます。

弁護士や司法書士のおかげで債務整理ができ、過払い金などが返ってきた場合には、その金額で債務整理にかかった費用を全額支払うことができるかもしれません。債務整理で過払い金がない場合は、法テラスでの立て替えを利用した2カ月後から返済が始まります。原則、銀行口座から毎月引き落として返済するのですが、法テラスに相談すればコンビニエンスストアなどで支払うことも可能です。経済弱者への支援業務ですから、債務整理をした後、法テラスへの返済のメドもつかない時は、立替金の一部、場合によっては全額を免除してもらえることがあります。

コメントは受け付けていません。