個人再生の承認に欠かせない履行可能性テストとは?

履行可能性テストは申立人に個人再生計画案通りに返済する能力があるかのテストです。

個人再生の手続きを始めると、履行可能性テストが始まります。個人再生は、お金を借りている人はラクになっても、お金を貸している人には多大な損失をもたらす解決策ですから、個人再生で多額の借金を免除してもらうためには、本当は信用できる人間であることを債務者自身が実証しなければなりません。

履行可能性テストは、個人再生の申立てをするとすぐに始まります。個人再生をゆるしてもらったら、その後の3年間に毎月返済しますと約束した金額を指定された銀行口座に毎月振り込みます。1回目の振込は申立て直後のことが多く、期日までに現金が用意できないと、そこで個人再生の手続きは終了です。半年ほどを目安に毎月1回振り込みを行い、個人再生の申立人が約束したことを確実に守れる人であるかテストするのです。収入はあるけれど収支の管理ができなくて借金が膨れ上がった人にも、履行可能性テストはきちんと返済するクセをつける訓練になりますので、トレーニング期間と呼ぶこともあります。

個人再生委員が選任されている場合は、振り込まれたお金は個人再生委員の報酬に使われます。振り込んだ金額が個人再生委員の報酬よりも多ければ、履行可能性テストが終わった後に個人再生の申立人に返金されます。東京では、すべての個人再生事件に個人再生委員がつきますが、東京以外の地方裁判所では、個人再生を弁護士が代行する場合は個人再生委員が選任されないことが多いです。履行可能性テストで振り込まれたお金を積み立てておいて、履行可能性テストが終了したら全額、個人再生を申し立てた人に返してくれる地方裁判所もあります。

コメントは受け付けていません。