裁判所に許可される自己破産は借金の踏み倒しとは違います

自己破産とは全財産を現金化して債権者に公平に分配し残りの債権を免除してもらう国が定めた救済措置であり借金の踏み倒しとは違います。

自己破産とは、借りていたお金を自分の収入の範囲内では返済できなくなった人が、自分の全財産を現金化して、お金を貸してくれている債権者それぞれの債権額に応じて分配し、それでも払いきれない借金を免除してもらうための国の制度です。借金で破綻した生活の立て直しが目的で、自己破産を許しても良いかは裁判所が判断します。借金を返すのが嫌になったからと言って誰でも破産できるわけではありません。

自己破産を申し立てた人が処分しなければいけない財産とは、もしお金に換えるとしたら20万円以上の価値がある物のことです。現金や預貯金はもちろん、他の人に貸しているお金、家や土地、中古で売っても20万円以上の値が付く車や楽器、宝石類、保険の返戻金、将来退職する時にもらえるはずの退職金などが含まれます。

自己破産による免責が許可されると、クレジット会社や消費者金融からの借金はもちろん、親戚や知人からの借金、滞納した家賃、連帯保証人として降りかかった借金など一切の支払いが免除されます。処分した財産は、お金を貸してくれている人たちすべてに公平に返済しなければいけませんので、債務を1つ残らずリストアップしなければなりません。

自己破産は借金の踏み倒しとは違います。借金地獄に悩まされ、自殺まで追い詰められているような人を救済して、人生をリスタートさせるための国が定めた救済措置制度です。借金でどうにもならない時は、家族や自分の未来のためにも、法律による保護を求めましょう。

コメントは受け付けていません。