債務整理のニュースは後を絶たない

債務整理の多くは過払い金の請求です。CMやニュースで取り上げられることが多いので知っておいて損は無いでしょう。

債務整理は、任意整理・民事再生・自己破産と、金融機関から借りたお金を返すことが困難になった人が弁護士や司法書士に依頼をして借金を帳消し、または減額することが出来る制度です。

任意整理は裁判所を通すことなく、自分自身で金融機関と交渉することも出来るものです。これまでの借金の返済を再計算することによって、既に支払ったお金が手元に戻ってくることもあります。いわゆる過払い金です。このところ、この過払い金のニュースが後を絶ちません。過払い金は本来支払う必要のないお金で、特に借入期間が5年以上で、金利が18%を超えている場合は注意が必要です。払い終わっていたとしても過去に戻って請求することが出来るので、領収書を見直してみてはどうでしょうか。

民事再生は、借金の返済が困難なことを裁判所が認めてくれれば、3年から5年をかけて減額された借金を支払う制度です。

自己破産は読んで字の如く、人生の全てが終わってしまうようなイメージがありますが、そこまででもありません。借金を帳消しにして一から再スタートをすることが出来る制度です。ただし、自己破産をするとほとんどの財産を失うことになります。ある程度のお金は手元に残りますが、ブラックリストに名前が残ったり、新たな借金をすることは難しくなります。最低でも5年から7年はかかるので注意が必要です。また、弁護士や司法書士に依頼することで、難しい手続きや交渉を行ってくれるので重要です。自分だけで悩んでいても解決にはなりません。

コメントは受け付けていません。