債務整理後にクレジットカードは作れるのか

借金を減額・帳消しをしたので生活が楽になった。そこで、クレジットカードで買い物しようと思った方はいるのではないでしょうか。

債務整理は、任意整理・個人再生・自己破産という方法で、借金を減額または帳消しにすることです。任意整理はこれまで支払ってきた借金を再計算して、借金を減額する方法です。借金を減額するだけでなく、再計算によって多く支払われていた金額が借金の元金の返済に充てられます。個人再生は借金を減額して3年から5年での返済を組みなおす方法で、自己破産は借金を帳消しにしてしまう方法です。

これらの任意整理を行うことで、借金が減るというメリットはありますが、債務整理後は5年から10年は新たな借金をすることが出来なくなります。これは新しいローンを組むことが出来ないということだけではありません。クレジットカードの作成も出来なくなるということです。仮にある程度の年数が経ってもう大丈夫だろうと思っていたとしても、審査に落ちることはあります。

信用情報に登録、いわゆるブラックリストに載った時点で覚悟しておかなければなりません。過去の債務整理によって失われた信用は、新たなる信用によって回復するしか方法はありません。まずは少しでも何らかのローンを作るなどして実績を作る必要があります。身近なところで行くと、携帯電話の機種代などでも立派なローンです。次に作りやすいのがクレジットカードです。しかし、信用が回復していなければ全くの無意味です。クレジットカードは比較的作りやすいものです。少額の借金を作って返すという作業を繰り返すことで、信用を回復していきましょう。

コメントは受け付けていません。