債務整理で破産を考える前に

どうしても借金を返済できない。自己破産してしまおうか。しかし、自己破産は最終手段です。

どうしても借金が返済できなくなってしいまい、自己破産を考えたことありませんか。借金が帳消しになって、少し生活はしにくくなるけど仕方ないと軽い考えでいたりしませんか。確かに借金は無くなって、身軽にはなります。しかし、その後に普通の生活が出来ると思ったら大きな間違いです。

自己破産ではその後、新たに融資を受けたり、カードローンなどを組もうと思っても、最低5年から10年は何も出来ません。しかも融資を受けることが出来たとしても、わずかな額でしかありません。そうなってしまう前に早めに対応することが重要です。

自己破産をする前に、まずは任意整理と個人再生を考えてみてはどうでしょうか。任意整理では裁判所を通すことなく手続きが出来ます。借入先と交渉することで借金を減額でき、返済方法の話し合いをすることが出来ます。これまで支払ったお金を再計算することによって、借金の払い過ぎが発覚することもあります。いわゆる過払い金というものです。これは昔、金利が高かったことが原因です。何も訳が分からないまま支払っていた人は再計算をオススメします。

個人再生は裁判所での手続きが必要ですが、住宅ローンは残すことが出来ます。最低限の生活をすることが可能となりますし、これも再計算で減額があり得ます。しかし、これらの再計算や手続きは素人には限界があります。交渉も含めて、やはりプロである弁護士や司法書士にお任せしたほうが無難です。自己破産は最終手段と考えてください。

コメントは受け付けていません。