債務整理に必要な書類とは

債務整理をスムーズに進めるために必要なものは何でしょうか。事前に準備をすることで、比較的早く借金から解放されることが出来ます。

債務整理において書類は重要です。借入先との交渉や裁判所への提出など様々です。しかし、自分一人で手続きを行うには、かなりの時間と労力を要します。このため、まずは弁護士や司法書士などの専門家に相談することをオススメします。

では、その時に必要な書類とは何かを紹介します。運転免許証や保険証、パスポートなどの身分証明書です。特に顔写真入りのものがベストで、本人確認のものとしては確実です。現住所が記載されていることも重要です。

次に債務者一覧ですが、これは借入先のリストです。債務者とともに、いつからいくら借りているのか、いくら返していくら残債があるのかといったことを記載しておくと話を進めやすいです。分からないとことは仕方ありませんが、出来るだけ思い出しましょう。取引の明細書があればベストです。全てとってあればなお良いでしょう。再計算時にかなり役に立ちます。

そして、借入をした時の契約書です。これも重要ですが、あまりにも古すぎてない場合は明細書が代わりとなります。また明細書も紛失していた場合でも債務整理は可能です。次に必要なものは収入証明です。これから借金を返済するにあたって、収入がどれだけあるのかは重要です。安定したものが無ければ債務整理をするにしても信用されません。預貯金通帳で過去の取引を確認されることもあるので必要です。

全ての書類が無いというのはかなり厳しい状況です。それでも何とかしたければ、やはり専門家に相談をして指示を仰ぎましょう。自分一人で考えていても状況は変わりません。

コメントは受け付けていません。