債務整理は保証人に影響があるのか

借金で債務整理をしても自分一人だけの問題と考えてはいませんか。家族や会社の人だけでなく連帯保証人にも迷惑がかかります。

債務整理は自身が背負った債務、いわゆる借金を、減額または帳消しにすることが出来る制度です。債務にも色々なものがありますが、中には保証人が必要なものもあります。保証人とは債務者が借金を払うことが出来なくなった場合に、代わりに借金を返済してくれる人です。中には連帯保証人と言われるものあります。債務者が債務整理を行うことで、連帯保証人には少なからず影響があります。

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産とあります。任意整理の場合、連帯保証人は弁護士へ委任状を書いて渡すだけで手続きが終了します。債務者が任意整理の結果、返済をきっちりと行っていけば保証人への請求はありませんが、ブラックリストには掲載されることになるので注意しておいてください。

個人再生と自己破産の場合は、ブラックリストに掲載されるだけでなく、債務整理によって受け取れなくなった額を、債権者は連帯保証人に請求することが出来るようになります。債務者本人は減額や帳消しになることで身軽になるのですが、連帯保証人はかなりの負担が増えます。しかも、どの債務になるかの選択権もありません。債権者への借金を返済し、返済した額を債務者へ請求という形になるのが一般的です。

個人再生と自己破産は保証人に対して大きな負担を掛けてしまいます。ブラックリストに名前は載るかもしれませんが、まずは任意整理によって借金の減額をして、自分自身で支払っていくことを考えなければなりません。自分の借金は自分で解決しましょう。

コメントは受け付けていません。