債務整理後、返済が未払いとなったら

借金を整理したとしても、てが終わったわけではありません。支払い終わるまでが借金です。

債務整理は借金を解決するための手段で、任意整理・個人再生・自己破産といった種類があります。自己破産は借金を帳消しにすることなので、返済が発生することはありません。これに対して任意整理と個人再生は借金の減額となるので、残債を分割して支払っていく必要があるのです。大きく借金を減額して計画的な返済を考えてのものとなるので、返済が未払いになるということは言語道断です。借金が無くなったわけでは無く、減額されただけということは認識しておいてください。

返済日に少し間に合わない場合は、借入先に前もって連絡することでお咎めなしになることがあります。しかし、これが続くとなると向こうも待ってはくれなくなるので注意しておいてください。次に、本当に返済が出来なくて未払いとなってしまったら、この場合は残りの借金を一括で請求されることがあります。債務整理によって減額され、更に金利も無い状態での返済であるにもかかわらず未払いとなるのであれば、債務者にとって有利な状況を作る必要はありません。

更に遅延損害金も発生します。滞納している借金額に対して滞納日数に応じて加算されるもので、金利と同様に年率で計算されます。病気や失業などのやむ負えない理由が無い限り、せっかく和解締結した債務整理は無効となってしまいます。最終的には自己破産すればいいという考えだけは持ってはいけません。任意整理と個人再生で済むのであれば、それにこしたことはないのです。

コメントは受け付けていません。