債務整理のメリットとは

債務整理は借金問題解決の糸口で自身の生活を取り戻すための手段です。

債務整理では、借金が減額または帳消しになります。これまで悩んでいた借金問題が解決へと向かうので、多くの借金を抱えている人にとっては有効な手段です。任意整理では裁判所を通すことなく手続きが出来ます。特に、多重債務を抱えているような人であれば、個別に交渉が出来るので、大きな額のものだけを対象に出来るメリットがあります。

また、特定業者を選んで整理できるということは、クレジットカードなどを残すことが出来る可能性があります。債務整理後のクレジットカードの作成は5年から7年と厳しいですが、これを回避できます。また、裁判所を通さないということで自分でも交渉が可能なので、資金を抑えたい人にとっては有効な方法です。さらに、弁護士などの専門家に相談、依頼をすることで督促がストップしますので、交渉している間の借金を払い続けることが無くなります。これによって減額された借金から返済が再開されます。

しかも、再計算によって元金が減額されることもあります。これまで支払ってきたお金は、通常よりも多く支払っている可能性があるからです。これを過払い金といい、遡って請求することが出来ます。財産などの差し押さえの心配もありませんし、なにより家族や会社にバレずに借金問題を解決することが出来ます。借金問題が会社にバレてしまうと信用問題に発展しかねません。しかし、元々は借金を計画的に返すことが出来ていれば、こんなことにはならないのです。返済計画はしっかりと立てておきましょう。

コメントは受け付けていません。