養育費も債務整理によって減額できる?

月々の支払負担の中には借金だけでなく慰謝料や養育費というものもあります。

債務整理は多額の借金による月々の支払負担を軽減するための措置です。債務整理の方法は様々で、利息分の支払いだけを減額する過払い金請求や、支払う総額は変わらずに支払い期間のみを延長し、月々の支払額を減額する方法、またすべての借金を免責する個人再生などがあります。借金の総額や負担具合、債務整理後の生活を考えて最適な方法を選択することになります。

ところで、月々支払わなければならないのは借金だけとは限りません。場合によっては慰謝料や養育費を支払っており、その負担がかなりのものとなっている人もいるでしょう。慰謝料や養育費も、債務整理によって支払いを免除されたり減額されたりすることは可能なのでしょうか?

残念ながら、慰謝料や養育費は債務整理によって減額することはできません。慰謝料は本人の不法行為が元で発生した支払いです。こういった支払い項目は債務整理による非免責債権として取り扱われます。また、養育費の支払いは子供が成人するまで続けるべき親としての義務です。これも債務整理による減額の対象外となります。債務整理の方法や返済方法を検討する際には、まず慰謝料や養育費の支払いを最優先とした返済計画を立てる必要があります。

なお、慰謝料・養育費の支払い負担を軽減するためには、債務整理ではなく支払う相手に対し減額交渉を行う必要があります。失業したり病気にかかったり、あるいは再婚して子供が産まれたなどの理由でこれまで通りの額を支払うことが難しくなることもあるでしょう。そういった場合は相手に対し直接交渉する必要がありますが、たいていそうすんなりと認められることはないため、弁護士に依頼するのが比較的スムーズです。

コメントは受け付けていません。