事務所に来店しなくても債務整理の依頼はできる?

弁護士や司法書士に債務整理を依頼したいけど事務所に足を運ぶのが難しい。電話やメールだけで債務整理を依頼することは可能なのでしょうか?

弁護士や司法書士に債務整理の相談をしたいと思っても、忙しくてなかなか事務所に足を運ぶことができなかったり、依頼したいと思った事務所が遠方で出向くのが難しいといった場合もあるでしょう。事務所に足を運ぶことなく弁護士や司法書士に債務整理を依頼することはできるのでしょうか?

たとえば現在の状況で債務整理が可能なのか、どのような債務整理の方法が最適なのか、過払い金請求をすれば返金されるのか、債務整理をした場合どのような影響があるのかなど問い合わせや相談であれば電話やメールで受けてくれる事務所もあります。しかし、いざ契約を結ぶとなると対面での面談を必要とする事務所がほとんどでしょう。面談には弁護士や司法書士による依頼者の本人確認の意味もありますし、債務整理の方法やその効果、報酬額に対する認識の違いから依頼者との間でトラブルが発生することを防ぐ意味もあります。実際、かつては過払い金請求や債務整理による弁護士・司法書士と依頼者との間のトラブルが非常に多く、依頼受託前の面談は「債務整理事件処理の規律を定める規定」という決まりにより義務化されています。弁護士・司法書士にはこの面談の場で依頼者の状況や希望を聴取し、費用に関する説明を行い、債務整理によってどのような不利益が生じるのか、きちんと説明する義務があるのです。

基本的に対面での面談は初回1回のみとしている事務所がほとんどです。多少面倒でも都合をつけて足を運ぶようにしましょう。反対に、来店不要で電話やメール、FAXだけで受託可能と謳っている事務所は、そもそも義務を果たしていないだけでなくトラブル発生の危険も高いので避けるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。