知っておきたい債務整理の知識、利息制限法

弁護士や司法書士に依頼する前に、利息制限法と過払い金について理解しておきましょう。

債務整理にはいろいろな方法がありますが、中でも比較的身近なのが過払い金請求でしょう。ここ数年テレビCMや電車内の広告などさまざまなメディアで耳にし、見かけるようになった過払い金請求とはいったい何なのでしょうか。

過払い金請求は、簡単に言えば貸金業者に対して払いすぎた利息の返還を求めることです。

貸金業者が貸し付ける金額に対して設定することのできる利息には上限が定められています。この上限を定めているのが利息制限法です。利息制限法では、利息を貸し付ける金額に応じて最大20%までと定めています。ただしこの利息制限法は違反したとしても、貸金業者に対して明確な罰則はありませんでした。

一方で、出資法という法律があり、こちらでは上限金利を29%までと定めていました。出資法は違反した場合業務停止や罰金などの罰則があるため、多くの貸金業者は利息制限法ではなく、この出資法に従って最大29%もの金利を設定していました。

しかし法が改正され、出資法の上限金利が利息制限法と同じ20%にまで引き下げられたとともに、これまで利息制限法の上限を超えて支払い続けてきた利息を、貸金業者に対して返還請求することが認められるようになりました。これが過払い金請求です。同じ過払い金請求であっても、まだ残債が残っている状態で行うものは債務整理の方法の一つである「任意整理」と呼ばれます。

平成22年以降は法改正により利息制限法による上限金利を上回る貸し付けは禁じられました。つまり、平成22年以前からの借金に関しては過払い金が発生している可能性があるということです。

コメントは受け付けていません。