債務整理後にローン審査に通るには

債務整理を行うとローンの審査に通りにくくなることはよく知られているでしょう。では債務整理後にローンを利用するにはどうすればいいのでしょうか。

債務整理を行うと、個人信用情報に事故情報が記録される、いわゆるブラックリストに載った状態になります。そのため、この個人信用情報を使って利用者の審査を行うローンの審査に通ることが非常に難しくなります。一度ローンで苦しい思いをしたのだから、しばらくはローンの利用は控えるのが賢明ではあるのですが、どうしてもローンを組まなければならない状況に陥ることもあるでしょう。その場合はどうすればいいのでしょうか。

事故情報は永遠に残り続けるものではありません。そのため、事故情報が消えてからローンの申し込みをするという方法があります。債務整理には大きく任意整理、個人再生、自己破産の3つの方法があり、それぞれ信用情報から事故情報が消失するまでの期間が定められています。任意整理の場合は約5年、個人再生の場合も約5年、自己破産の場合はおおよそ10年を見ておく必要があるでしょう。なお、過払い金請求も債務整理の方法の一つとされていますが、借金を完済した後に行った過払い金請求は事故情報として記録されないため、ローン審査には影響しません。一方、借り入れが残った状態での過払い金請求は任意整理扱いとなるため、5年間は事故情報が残り続けます。

なお、事故情報が消えるまでの期間は債務整理によって借金を完済した時点からスタートとなります。仮に任意整理によって返済計画の見直しが行われ、そこから返済に3年かかったとしたら、任意整理を行ってから8年間は事故情報が記録され続けるという点に注意が必要です。

コメントは受け付けていません。