おまとめローンと債務整理、どちらがいいの?

銀行でよくみかける「おまとめローン」。ブラックリストになる心配もなく借金の負担を軽減できるお手軽な方法ですが罠もあるので注意が必要です。

債務整理を行うと、月々の借金の返済負担を軽減することができる反面、信用情報に事故情報が記録された、いわゆるブラックリスト状態になってしまうため、その後のローンやクレジットカードの申し込みに影響が出てしまいます。しかし、借り入れ負担の原因が多重債務である場合、銀行などで提供している「おまとめローン」を利用すれば返済負担を軽くすることができる場合があります。

おまとめローンは、複数の貸金業者からの借金の総額の融資を受け、それで一括返済をすることで返済先を一つの金融機関にまとめる方法です。これを行うことで、月々の返済額が明確になり返済計画が立てやすくなる、返済状況の管理がしやすくなる、利息が減り返済額が減る、信用情報に事故情報が記録されることなく借金の負担を軽減することができるなどの様々なメリットを得ることができます。

ただしおまとめローンには実は落とし穴もあるのです。

取引期間が長い借り入れの場合、過払い金請求をすることで払いすぎた利息が返還され、それを返済に充当することで借入残高を減額することが可能な場合もあります。しかしおまとめローンでは利息は減らすことができても借金の元金を減らすことはできないため、場合によっては返済する必要のないお金を返済することになりかねません。また、現在の返済額とおまとめローン後の返済額を事前に確認しないと、反対に返済総額が増えてしまう場合もあります。

債務整理を行うか、おまとめローンを利用するか、迷ったら弁護士や司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。

コメントは受け付けていません。