過払い金請求のポイントはグレーゾーン金利

過払い金請求をする上で知っておかなければならない知識の一つにグレーゾーン金利があります。

最も身近な債務整理の方法の一つに、過払い金請求があります。これから過払い金請求をしようと考えている人は、まず過払い金に関する理解を深めておくことをおすすめします。

過払い金請求をする上でまず知っておかなければならないのが「グレーゾーン金利」という言葉です。

貸金業者が貸し付けをする際に設定できる金利には、上限が定められています。この上限金利を定めているのが「利息制限法」という法律です。利息制限法では上限金利を貸付金額に応じて最大20%までとしています。ただし、利息制限法に違反して高い金利をかけたとしても、貸金業者に対する明確な罰則はありません。

一方で、「出資法」という法律では上限金利を29%までと定めています。出資法は違反した場合、罰金や罰則などの処分が課せられます。

この、利息制限法と出資法の上限金利の差9%をグレーゾーン金利というのです。グレーゾーンとはつまり、違法か合法かグレーである金利、ということでしょう。多くの貸金業者がこのグレーゾーン金利の間で利息を適用していました。そのため、29%もの利息をつけて貸し付けを行っている業者があふれていたのです。しかし法が改正され、出資法の上限金利が20%にまで引き下げられたことで実質グレーゾーン金利が撤廃されました。それに伴い、それまで支払い続けてきた利息のうち、20%を超えるものは貸金業者に対して返還請求することが可能になったのです。これが過払い金請求です。

コメントは受け付けていません。